カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


まとめ

第2次スーパーロボット大戦OG発売!

うちには届いてませんが、やっと発売されましたね~
でもって発売記念に、一番好きだけど製作途中のまま放置していたやつを載せてみます。

RTX-008R_001.jpg

RTX-008R_002.jpg

ちゃんと手を加えて作ろうとした最初のプラモデルかな?
結局は未完成なので、ちゃんと作ったとは言えませんが。

で、写真の状態でもかなり改造していますが、現在はさらに修正されています。
好きだからこそと言うべきか、気に入らない部分が色々とあったので、ほぼ新規パーツに変更…予定のまま放置。
一部のパーツを作った時点で力尽きたって感じで未完成具合がUPしています。
またいつか再開したいところ。

とまあ、これからはゲームに時間が奪われそう!

ゲルググ【その5】

さて太腿をざっくり。

MS-11_010.jpg

余っていたゲルググの腕を流用して脚の改造。
と、ポリパーツ交換用の工作を。
最初は内部フレームっぽい構造で作ろうかと思ったけど、やはり今回は簡単に済ませることに。
折角なのでそこに武器のマウントラッチでも付けるかと。


腰というかスカート。

MS-11_011.jpg

最初から入っていたディテールラインを利用して分割。
前後と左右で4パーツに。
それらをジャンク置き場から発掘した、たぶんパワードジム?の腰パーツに接続予定。

ゲルググ【その4】

肩との接続はこんな感じにしてみました。

MS-11_007.jpg

腕と胸を繋ぐパーツに、肩パーツを繋ぐ為の小さいボールジョイントを取り付けました。
可動範囲はまあ…あんまり広くは無いけどいいかなと。
そしていつも通り、ポリパーツを交換できるように分割処理もしています。
ついでに短すぎた首の修正と周辺をそれっぽく装飾。

MS-11_008.jpg

MS-11_009.jpg

とりあえず上半身はここで止めて次は下半身側へ。

ゲルググ【その3】

まずは頭部。

MS-11_004.jpg

頭部の幅詰めをした後で、可動するカメラアイを新造。
ちゃんと計らずに幅詰めしたせいで少し細くなりすぎたかもしれない。

次はお腹の辺りの修正。

MS-11_005.jpg

こちらも幅詰めしてから可動の為の工作を。
コックピットハッチのある正面と、動かした時に内部を隠す為のパーツをそれっぽく作製。

今回、個人的にはあまり好きではないボールジョイントを多めに使っています。
動く範囲が小さくてすむ部分は気にならないのですが、腕の付け根のような広い範囲で可動させるパーツの場合、逆に自由度が高すぎてポーズが決まらない気がして…。
それでも今回使用した理由は単純に、そっちの方が楽に作業が進むかなとw

MS-11_006.jpg

次は肩から腕をどうするか考えないと。

ゲルググ【その2】

バラバラです。

MS-11_002.jpg

まずは上半身から進めることに。
一年戦争時のMSなので可動範囲はそれほど気にしないつもりですが、少しだけ修正する予定。
ついでに武器を付ける為に腕をパテで整形。

MS-11_003.jpg

そう言えばゲルググの形式番号はMS-14が正解っぽいですが、今回はあえてMS-11としておきます。

TINAMI ランキング

クリエイター総合情報サイト? まあSNSですかね。
ここは絵や小説がメインなのかもしれませんが、モデル(模型など)も扱っています。

で、そこに登録したねんぷち風ベルベットとグウェンドリンがランキングでランクインしました!
支援などありがとうございました。感謝感謝です('∇')

ただ、ランキングの基準とかシステムをよく分かっていないのが困りものw

複製関係のお話【その2】

続き
今回使用したレジンのカラーレシピ。

続きを読む »

複製関係のお話【その1】

複製関係のお話【その1】

自分用のメモをかねて、今回のベルベット&グウェンドリン製作での複製関係の話を。

Velbet_108.jpg

続きを読む »

ベルベット ひとまず完成

全体を各色で軽く薄めに塗装。
折角なのでサーフェイサーは使わず、カラーレジンのそのままの色も利用。
でもクリアー系を使わない場合はサフレス塗装と言わないのだろうか?

気休め程度にグラデーションを意識して吹いてみたけど、まあ本当に気休めだったかもしれない。
で、確認していると…やっぱり見つかった微気泡。
う~ん、ちゃんとしたパーツを使って組むべきだったか。
とりあえず見なかったことにして最後まで進めることに。

Velbet_105.jpg

Velbet_106.jpg

Velbet_107.jpg

まあ写真では分からないぐらいだし、今回はこれで完成でいいかという感じでw

そのうち、溶剤にドボンしてからきちんとサーフェイサー処理にするか、何とか部分だけ瞬着で処理するかも?

ベルベット【その2】

使う塗料を調色していたのですが、茶色を普通に買えば良かったと後悔。
クリアーやメタリックは別にして、いつも買うのは白黒赤青黄ぐらい。
そこから適当に欲しい色を作っています。

しかし今回は望む茶色がうまく作れず…。
赤入れすぎたから黄足してって感じで基本色もどんどん消費、時間も無駄に消費。
さらに髪の色を作るのにもまた時間かかってもうorz
結果的には、必要量は少ないのに出来上がった量は赤より多いとw

Velbet_103.jpg


続いて金色の部位の塗装。
エアブラシで白を吹いてから、ガンダムマーカーのゴールドを筆塗り。

Velbet_104.jpg

どうせ処理するので雑でも気にしない。
後はマスキングゾルを塗ってから、エアブラシでそれぞれの色を吹くだけ。

ゲルググ【その1】

ベルベットは塗装待ちなのですが何となくガンプラへ…。
ガンプラをどう作ろうか考えるのは久しぶりでちょっと楽しいかもw

とりあえず組んでみて、パソコンで修正箇所を検討中。
頭の幅と位置、腹の幅、太股の幅を変更。

MS-11_001.jpg

本当はドムトローペンで別の物を作るつもりでしたが、時間かかりそうなので先にゲルググの改造品を作ろうかと。
ちなみに腕はドムトローペンから、脚はバラ売りされていたマラサイから拝借。
ドムトローペンは別の腕を付ける予定なので問題なし。

まあでもまずはベルベットの塗装が先だ('∇')

グウェンドリン ひとまず完成

グウェンドリンの完成見本。
イベント前は慌ただしくて微妙だったので色の塗り直し。

Gwendolyn_101.jpg

Gwendolyn_102.jpg

溶剤に落として塗装を取りはらうと、腰の翼になぜか前は無かった微気泡がいっぱい。
その辺を処理してサフ吹いてから再び塗装を。


それと忘れていたベルベットのパーツ状態。

Velbet_102.jpg

ベルベット【その1】

もう少し早く載せるつもりが遅れてしまった。
とりあえず簡単に仮組だけしてみたやつ。

Velbet_101.jpg

カラーや微妙な気泡などで不良品として分けてあったものから、多少マシなやつを見つけて組んでみました。
細かい気泡とかも処理して軽く色も塗っていくつもりです。

 | ホーム |