カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


まとめ

ケンプファー改【その1】

ケンプファーの改造機。
GAプラスの記事の時に少しだけ見えてたやつ。

MS-18C_001.jpg

MS-18C_002.jpg

先の2つと同じ世界観で作ったジオン側の機体です。
ギャプランモドキの次に作ったというか、ほぼ同時に進めていたような気も。

ベースはHGUCのケンプファーを使い、各部の改造にHGUCのバウを使用。
破損や消耗の激しそうな部分を改修したイメージで、改造する箇所を決めました。

頭:追加装甲はエポパテ、アンテナはプラ板で作製。
胴:バウの上半分をケンプファーの下半分と合うようにパテなどで調整。バックパックはバウのものにバズーカラックとバーニアを移植。
肩:ジャンクになっていた1/550 α・ジールのプロペラントタンクをベースにして、バウの肩と市販のバーニアとスパイクを取り付け。
腕:サーベルを収納する為に少しだけ改造。形状はほぼそのままです。
腰:バウのフロントアーマーを取り付けられるように加工。サイドアーマーはジャンクパーツで可動部分から作製。
脚:ここもバウの脚の外側を、ケンプファーの脚の外側に合うようにパテで調整。
隙間の部分は、ポリパテで板状のスリットを作りました。

MS-18C_003.jpg

MS-18C_004.jpg

武器:ビームショットガンはケンプファーとサザビーのものを参考に、ビームトマホークはそれっぽい片刃の斧になるようにデザインしてプラ板とジャンクパーツで作製。
その他の武器は、ケンプファーに付属していたものやジャンク品をそのまま使っています。

塗装は単純に、ケンプファーの基本部分は赤よりの紫を吹き、追加変更パーツは青よりの紫にしています。
ちなみに、分量をちゃんと計らずに好みの色を作っているので、塗料の量は多めに用意しています。
ただ完成後はもう使わないと判断し、他の塗装の為に別の色を混ぜて使ってしまいました。
なので、追加変更したパーツは全て取り外し可能ですが…取り付けていない元パーツの塗装を忘れていたので色がちぐはぐに為、元のケンプファーに戻せない( つд`)

機体設定などはまた明日に

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://rukh00.blog.fc2.com/tb.php/19-9963b2e3

 | ホーム |