カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


まとめ

朧村正【その4】

作業が遅れ、大した更新が出来ずにすみません。今回も、塗装の準備段階についての更新になります。
初の試みになりますが、水彩画のような仕上がりにしてみたい!ということで、アクリル絵の具による塗装に挑戦してみることにしました。私が使用したのはターナーのアクリルガッシュ。水彩用の薄め液です。

私は、六種類の処理をした板を用意して、アクリル絵の具での塗装にどれが一番しっくりくるか、試してみました。
まず、
1、レジンの表面にプライマーのみ塗装したもの。(このキットは淡い肌色になっています)
2、灰色のサフのみ。
3、灰色のサフ後、薄く白で塗装したもの。
4、灰色のサフ後、薄く淡い色で塗装したもの。(今回、橙と水色の二色用意しました)
5、プライマーのみ塗装後に白色で塗装。
6、プライマーのみ塗装後に淡い色を塗装。(橙と水色)

oboro_018.jpg

まあ簡単に言うと、色合いの違う六色の板を準備したということです。(撮り忘れで、2番のみ写真がありません)

結論でいうと、かなり難しいです。私の思う水彩画っぽい感じを出すには、1.2番は除外です。3.4番は、サフの色が出てしまうと、イメージが違ってしまうので、やはり除外。
残りは5.6番ですが、私は最初、淡い色と濃い色の二種類の絵の具を使って、部分によってはグラデーションになるように塗りたかったのですが、私の技量不足の為、二色の絵の具でのグラデーション塗装は無理でした。
唯一、これなら、まだいけるか??という出来になったのは、6番です。

oboro_019.jpg

板の淡い色と、濃い絵の具のグラデーションなら、なんとか成功しました。薄め液で濃い色の絵の具の濃度を調節し、何度か塗り重ねてグラデーションにしました。水彩画らしさが出ているかは疑問ですが、エアーブラシでグラデーション塗装したものとは、違いが出ています。

正直、どんな出来になるのかは分かりませんが、なんとかアクリル絵の具で塗装出来そうなので、最後まで頑張ってみようと思います。

だそうです~

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://rukh00.blog.fc2.com/tb.php/200-224b40c4

 | ホーム |