カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


まとめ

デカールついて【その2】

参考になるのか分かりませんが、一応自分のやり方を載せておきます。

まずデカールを、余白を少しだけ残して切ります。
余白を減らし過ぎると危険ですが、多くても綺麗にならないかもしれません。

綿棒に水を含ませ、貼る部分も水で濡らしておきます。
次にデカールを水に浸し少し待ちます。
(ここは浸け過ぎ注意で、力をあまり入れなくても台紙からずらせる程度)

ピンセットで持ち上げたデカールを、貼る部分に乗せて、先ほどの綿棒で慎重に台紙からずらせて乗せます。
水滴の上に外したデカールが乗っている感じになるかと思います。
位置の修正をする時は、濡れた綿棒を使い、濡れた状態でデカールを滑らせて移動させて下さい。

位置が決まったら、力を入れずに乾いた綿棒でデカールの上を少しずつ転がすように、水分を吸わせながら押さえます。
水分をほぼ吸い取りデカールが動かなくなったら、マークセッターを少しだけ塗ります。
少し待ってから、今度は乾いた綿棒で先ほどのように水分を吸い取りながら押さえて下さい。
(強く押さえると位置がずれたり破れたりします)

ある程度表面が乾いたら、余白を良く切れるデザインナイフ等で切り取っていきます。
強い力で刃を動かすと傷が目立つので、軽い力でやると良いです。

この段階まで来ていると、位置の修正はほぼ無理です。
無理に動かそうとすると破れます。
ただ、切り取る余白は破れても問題無いので、剥がせるなら剥がし、無理なら削り取るつもりでやります。

後は完全に乾燥すればデカール貼り付け終了です。

長い説明でしたが、自分はいつもこんな感じで完成見本を作っています。

いつか時間が出来たら、説明用に写真を撮って追加しておきます~

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://rukh00.blog.fc2.com/tb.php/219-703482e3

 | ホーム |